フィッシング

【恋するロッド】スコーピオン2832RS-2を選ぶ理由【レビュー】

2020-04-29

やっと手に入れました! シマノ スコーピオン2832RS-2

入荷が遅れていた、シマノ スコーピオンシリーズの追加番手 2832RS-2をやっと届きました。

rod1

専用ソフトケース入りです。

rod2

1&ハーフが定番のシリーズですが、2835RS-2は完全に1&1のハーフですね。
rod3タグです。

rod10SPIRAL X と HI-POWER X の印字。

rod11ちょっと見ずらいですが2832の型番とスペック。
このロッドは、インドネシア産なんですね。

rod4

ワールドシャウラ2番手(スピニング)と同じリールシート部です。
スーパーレッドが美しい。もちろん素材はCI4+ 赤のステッチが良いですね!
rod5

グリップのコルク部分には「2832RS-2」の刻印。

rod6

トップガイド。
写真右側は2832で、左は手持ちのロッドで、2832よりも若干長いものです。
やはりワールドシャウラやスコーピオンはガイドが大きいのがわかります。
開発監修の村田基さん曰く、「ガイドが大きいほうが飛ぶに決まっている。最近のロッドのガイドが小さいのは、感度の悪い粗悪なブランクスの感度をよくするため。だから飛ばない。騙されちゃだめよ!」とのこと。

なるほど、巷の10fのロッドより、この8fの方が飛ぶっていう噂もウソではないかもしれません。

ROD7ちなみのトップガイドの内径を測ってみました。
スコーピオン2832RS-2は、4.75mm。
手持ちのロッドは3.95mmでした(参考値)。

シマノ スコーピオン2832RS-2のファーストインプレッション

・質感はとっても好感触!
・ワールドシャウラの様でワールドシャウラではない(はやり廉価版)。
・実質2万円台で買えるならコスパが良い!
・適正ルアーウェイトもかなりの余裕幅があるので、まさにこれ一本でなんでもこなせる「マルチロッド」だ!
・ワールドシャウラが買えないなら、これ一択!
・軽いので、長時間の釣行にも疲労軽減も間違いない。

持ち前の感度の良さで、ライトキスからランカーシーバスまでこなせるマルチロッドだと思います。
魚種によってロッドを変えたり、悩んだりする必要はなくなります! 
何本もロッドをそろえたりしなくていいので、初心者の初めの一本にも最適です。
これで一本で充分!そんなロッドです。幸せになるまさに【恋するロッド】ですね! 
早速、入魂してきたいと思います。 では、実釣レビューをお持ちください。

 

こちらは沖縄に住む神山兄弟のYouTubeチャンネル【カミヤマライトゲーム】です。
スコーピオン2832RS-2を使った実釣動画です。是非参考にしてみてください。

人気モデルで生産が追いつかないところに、コロナの影響も重なり相当な品薄状態ですね。
お店で聞いたら「入荷未定」とのこと。
ネットで見つけたら即買いしないとシーズンが終わってしましいますよ。

 

シマノ スコーピオン2832RS−2 に最適なリールはこちら
上記で紹介したカミヤマライト兄弟の動画でも使用していますね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

くるまる

車と趣味の釣りを愛しています。某ディーラー系販社で鈑金塗装職人→社内講師→中古車仕入れ担当→ 一応管理職です。車に関する小ネタや中古市場相場のコラムを配信しています。

-フィッシング

Copyright© くるまろぐ , 2021 All Rights Reserved.